秋のいけばな

2014年11月15日 (土)

ボケと梅もどき

Dsc_93002


器も花材も赤色系で統一。

赤は勇気を与えてくれる。

きっと万事うまくいくはず。

花に元気をもらうためにいけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年11月 1日 (土)

割り竹 スモークツリー

Dsc_92422


第96回草月いけばな展 目で見えぬものを、いけよ

日本橋高島屋8階ホール

1期 10月29日(水)~30日(木)出品作品です。

...

コンセプト:柔らかな格子 定まらない形 脱出か? 一体化か?

花材:割り竹 スモークツリー  かすみそう グロリオーサ
   アスパラガスプルモーサス

私の出番は無事終了。
まだ、2期・3期と続いております。
どうぞご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月26日 (日)

野薔薇とオンシジュウムとグロリオーサ

Dsc_92162

Dsc_92202


野薔薇の赤と黄色のオンシジュウムの組み合わせが気に入りました。

秋はこの色の組み合わせの作品が多いので避けておりましたが、

思いっきり大量に使えば、周りが同色でもOKかなと考えました。

単純で簡単そうに見えますが、幅は180センチあります。

かなり大きめ。

花瓶が立派っ!! と 大勢に言われてしまいました。

まあ、受付やら、こどもいけばな指導準備やら、会計報告作成やら、

写真撮影やら、その他もろもろお世話していて、

自分の作品を見るのも水を足すのも時間がなくてできませんでした。

あげ花直前に撮影。ぶれてるじゃん。(^^ゞ。

次行こう。次。
次は流展(日本橋)なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野薔薇とオンシジュウム

Kabe2


植物を使った壁作品をいけました。

画鋲を一つ使ってとめてあります。

立体的にいけてありますので、レリーフとは違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ササリンドウと野薔薇

Dsc_91102

ササリンドウを数本いただきました。

さて、何をいけようか?

迷った挙句、別のお稽古花の残りの野薔薇と合わせてこの様に。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 5日 (日)

タニワタリと鶏頭

Dsc_90012

幅も長さも小ぶりのタニワタリ。

どうにも存在感がありません。

ボリュウムをつけるためにこの様に。

オレンジの鶏頭と朱赤のグロリオーサがちらちら見えるのがご愛嬌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

茄子

Dsc_89802

野菜の花と実。

生徒さんが丹精込めて育てたものをくださいました。

可愛い茄子の実を見ることができることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月15日 (月)

パンパスグラスとハラン

Dsc_89222

小さいのに茎が長いハランと出会いました。

それでは茎を生かさなきゃ。

グルングルンと弧を描いてボリュームアップ。

奥行きのない土浦駅のガラスケースの中に展示いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月17日 (日)

ウメモドキと小菊

Dsc_69272


ウメモドキの立派な枝に出会いました。

なんとたわわな実!!

ルンルン気分で浮かれて、庭の菊を、切りまくりました。

菊は去年とおととしに日本橋高島屋の草月いけばな展で使った菊を植えたものです。

毎年咲いてうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月 7日 (木)

着色スモークツリー かすみ草 割り竹

Dsc_68982


第95回草月いけばな展 花おどる

参加作品です。

壁作品です。

吊作品を作る時は脚立から落ちないようにものすごーく気をつけますが

壁作品はつかまるところがあるので楽ちんでした。

そこが一番気に入りました。

スモークツリーは自宅の庭の物をドライにしてカラフルに着色いたしました。

生のスモークツリーと思った方もいるほどフレッシュ感が残っておりましたが、

触ると壊れます。

色をつけてる最中が最も楽しかったですが、ペンキの粉末を吸いこまないように気をつけないとね。

3メートルの割竹は制御するのが難しかったですが、必要最低限の補助工作で仕上げました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧