« パンパスグラスとアナスタシア | トップページ | 9月・10月分のいけばな ホームページ更新しました »

2015年10月26日 (月)

かすみ草とネリネ

Dsc_07152


地元の文化祭でお花をいけました。
秋なので赤や黄色の花材が多いだろうと予想し、この花材を選びました。

同時開催の伝統文化土浦こどもいけばな教室の展覧会も同じフロアでしたので、小さいお子さんたちがたくさん見てくださいました。

二日間ほとんど受付からその様子を見ていたら、大勢の子どもさんが私の作品に感動しているのがわかりました。

剣山なしで軽やかにを心がけていけました。...
草月の教室では珍しいいけ方ではありませんが、見たことがなかったのでしょう。

かなり気分が落ち込んでおりましたが、感動に震え興奮する子供を何人も見て、私も感動いたしました。頑張る気力をもらいました。

|
|

« パンパスグラスとアナスタシア | トップページ | 9月・10月分のいけばな ホームページ更新しました »

秋のいけばな」カテゴリの記事

コメント

幻想的ですよね。。。
ピンクと青と紫の配色は、何て綺麗なんだろうと、6年生の時にとても感動して自分で何か塗ってみた記憶があります。剣山なしなのが子供には作為的でなく見えて益々魅力が増すと思います。中心の玉は何ですか?花器の一部ですか?

投稿: hana | 2015年10月26日 (月) 23時23分

hanaさま
いつもご覧いただきありがとうございます。
私も小学生の高学年で、その配色の手提げを刺繍した記憶があります。
懐かしいことを思い出させていただきました。
中の玉は、器の一部です。取り出せますが、無いと寂しいかも。
無いと寂しいかも。ガラスに銀箔が入っています。

投稿: ぷよぷよ | 2015年11月 2日 (月) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522718/62552878

この記事へのトラックバック一覧です: かすみ草とネリネ:

« パンパスグラスとアナスタシア | トップページ | 9月・10月分のいけばな ホームページ更新しました »