« ガラス花器制作いたしました。 | トップページ | パンパスグラスとアナスタシア »

2015年9月17日 (木)

花卉生産農家訪問

2015年9月16日(水)は茨城県北部にある、花卉農家(枝物)の見学に行ってまいりました。

長年、思い通りの枝物を県内の花屋さんや市場でゲットすることができず悩んでおりました。

都内の方にはたくさん生産農家があるでしょうと言われますが、広大な茨城県(面積は東京都全体の三倍)で発見するのは難しく・・・ 運よく人づてにお目にかかることができました。

Yさんありがとう。

今は県を挙げて花卉生産に力を入れているそうです。

うれしいです。

買いたくても買えなかった枝や、家にも植えてあるけど制御不能に陥っている花材の仕立て方などとても勉強になりました。

各花材の仕立て方を拝見し、普通の植木屋さんや公園に植えてあるものとは全く違う生え方をしているのに驚きました。

これで、立派な枝を切っちゃって可愛そうという人に思い切り反論できます。可愛そうじゃないな。

出荷のご苦労もよくわかりました。

規格外は捨てちゃうそうです。もったいない。

出荷のご苦労をうかがったり、逆にこの枝はどういう風に仕立てたほうが喜ばれるのかと問われたり。

作る人と使う人の交流にもなりました。 これからは安心してデザインできます。

これからどうぞよろしくお願いします。

お忙しいのに丁寧にご案内いただいたTさん、ありがとうございました。

写真は、早生のサンゴミズキの葉を取り除いているところ。 感謝するのみです。

Img_3252_2




|
|

« ガラス花器制作いたしました。 | トップページ | パンパスグラスとアナスタシア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大変ご無沙汰しております。仕事で長いこと余裕がなかったのですが転職して一段落し、こちらにお邪魔してみました。
「家にも植えてあるけど制御不能に陥っている花材」というのは例えば何の木でしょうか? 確か藤も植えてらっしゃったと思いますが、藤はどうでしょう? うちは去年購入して特大の鉢に植えてみました。まだ細くて1m位です。
草月展の作品も楽しみにしています。m(__)m

投稿: hana | 2015年10月12日 (月) 20時58分

お久しぶりです。
制御不能はツルウメモドキです。
ちょっと目を離すと、あらぬところに巻きつきまくり、
もう…どうしようもありません。
しかも、実を鳥が食べてそこいらじゅうから芽が出てきますので、発見次第思いっきりひっこ抜きます。
が、ちょっと抜きそびれたものがあるともう切るしかなくなり、切っても切っても出てきます。泣。

今年は肋骨が順々に5か所剥離骨折になり草刈りが4カ月ほど庭を放置しましたところ、藤もクリスマスホーリーもメキシカンセージもボーボーになっております。
先週からぼちぼち草刈り開始しておりますので、年とか年内には復旧できればと考えております。
まずは流展に全力。

投稿: ぷよぷよ | 2015年10月12日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522718/62297773

この記事へのトラックバック一覧です: 花卉生産農家訪問:

« ガラス花器制作いたしました。 | トップページ | パンパスグラスとアナスタシア »